Entries

九州大会延期日程について

九州大会における看板落下事故に伴う上演の延期についてお知らせします。

日時 平成21年12月28日(月)
会場 基山町民会館
開場 午前9時
開演 午前9時20分

詳細な内容は佐賀県高等学校演劇連盟のHPに記載されています。

前代未聞の事故にもかかわらず、大会実行委員会も急ピッチで準備を進めています。

是非おいでください。

九州大会(2日目)延期のお知らせ

すでにマスコミ等の報道でご存じの方も多いと思いますが、九州大会(第51回九州高等学校演劇研究大会)で看板落下による事故が発生しました。

大会2日目の最初の公演の上演開始時に緞帳を上げていたところ、ステージ上(高さ8m)に吊してあった大会看板(縦0.9m、横6m、重さ約30kg)が落下し、高校生4名が負傷しました。

これを受けて、2日目の上演を中止(延期)することになりました。

今後の予定については、大会事務局および九州高等学校演劇協議会常任委員会で検討し、延期日程案等も協議しています。

正式な発表ができる段階になりましたら早急にお知らせします。

九州大会上演校が決定しました

九州各県の県大会も全て終了し、九州大会上演校および演目が決定しました。

明日(12/3)に会場の基山町民会館において上演校打合会が開催されます。

詳細は長崎県高等学校文化連盟演劇専門部のHPにアップしましたのでそちらをご覧ください。

http://dramankbr.web.fc2.com/

期末考査が始まりました。

本日から期末考査が始まりました。
生徒たちは頑張っているのでしょうか。

期末考査が終了する金曜日から練習再開です。

新体制始動です

今年度は残念ながら、県大会で敗退しました。
しかし、気持ちを切り替えて新体制での活動がスタートしています。
生徒たちが、この体制でやるには何が必要か、何をやるべきかを徹底的に話し合い、

『熱くなろうぜ2010』

のスローガンのもと動き出しました。
最優秀賞を逃したのは確かに残念ですが、これまで通り、自分たちの納得のいく演劇を目指して活動をしていきます。
今後とも応援をよろしくお願いします。

県大会が終了しました

平成21年度長崎県高等学校総合文化祭「第20回演劇発表会県大会」が終了しました。

最優秀賞 長崎日大高校

優秀賞 瓊浦高校

詳細は長崎県高文連演劇専門部公式HPに記載をしておりますのでそちらをご覧ください。

九州大会に出場する長崎日大高校演劇部のみなさん。長崎県代表として頑張ってください。健闘を祈っています。

わざわざ佐世保の会場まで足を運んで応援してくださった保護者の皆様、OB・OGの皆様、その他関係各位にこの場を借りてお礼申し上げます。

各地区大会の結果および県大会のご案内

なかなか更新ができません。
余裕が無いというのは言い訳ですが…。

さて、すべての地区大会が終了し、11月7日に県大会が実施されます。
詳細は長崎県高文連演劇専門部公式HPに書かれていますのでそちらをご覧ください。

部員の頑張りで、本校演劇部は県大会へ出場する権利を得ました。
昨日は上演校打合会で、部員全員で出動。
地区大会と県大会の会場の広さの違いに戸惑っています。

地区大会が行われた長崎市公会堂は間口が8間(約14.4m)、県大会が行われる佐世保市体育文化館コミュニティセンターホールは間口が6間(約10.8m)。奥行きも当然小さい。

舞台全体にセット等を配置する本校演劇部にとってはこの2間(約3.6m)の差は大きいのです。部員全員で休みを返上して作ったセット。できることなら、すべて使いたい。ただ、地区大会と同様に配置すれば、動くことができるエリアが狭くなる。

この二つの壁に挟まれ、四苦八苦してセットを再配置し、打ち合わせも終了。打ち合わせ時間の残りで劇の一部をやってみましたが、何とかなりそうです。

あとは、最後の追い込みですね。

中地区大会結果(速報)

平成21年度長崎県高等学校総合文化祭演劇部門「第26回中地区高等学校演劇発表会」が無事終了しました。
審査結果は以下の通りです。

優秀賞(上演順)
       創成館高等学校
        『スーパー戦隊オバタリアン ~最後の聖戦』
          毎熊義幸 作

       長崎日本大学高等学校
        『海の音色』
          松田正隆 原作 塚原政司 潤色

優良賞(上演順)
       諫早市立諫早商業高等学校
        『武道館の前で』
          石原哲也 作
       長崎県立島原高等学校
        『Supernatural』
          西門耕二 作

創作脚本賞 西門耕二 氏(島原高校演劇部顧問)

詳細は長崎県高等学校文化連盟演劇専門部HP(http://dramankbr.web.fc2.com/)をご覧下さい。

セット制作を本格的に開始しました

 油津への視察を踏まえ、我々で協議を重ね、検討した結果、セットのイメージが次のように決定しました。

09セット図 

上手には神社の社務所、下手には便所、中央の鳥居の奥には海という設定です。長崎市公会堂は袖幕をのぞいた間口が8間ですから、それ用に図面を起こしましたが、今回もなかなかやっかいなものとなりました。

このイメージをベースに制作に着手です。本校のセットは基本が現物合わせ。縦横の大きさはある程度測りますが、それ以外は作りながらサイズを決めていく手法です。

73b1db14.jpg f7307443.jpg 

諸事情でスケジュールは押し気味ですが、頑張って完成させます。

いよいよです

今週末には体育祭が開催されます。

体育祭特別時間割のため、校内も慌ただしくなっています。

さて、今年度の総文祭について、県南地区と県央地区の上演作品が発表になりました。

詳細については、長崎県高等学校文化連盟演劇専門部のHPにアップされています。

本校の作品は、中島淳彦 作『ゆれる車の音~九州テキ屋日記~』

これまで本校が取り組んできた作品とはイメージががらりと変わります。

大会パンフレットに掲載予定のメッセージから

舞台は昭和40年代中頃の宮崎県日南市油津。

九州宮崎を舞台とした笑いあり涙ありの人情喜劇です。

その昔、宮崎・油津でテキ屋を仕切っていた金丸一家。しかし、終戦になるにつれ、ショバを荒らされた金丸一家は油津を追われることに…。

20年後、ショバを追われたテキ屋一家が故郷に帰ってきた。テキ屋一家の組長、重蔵の帰郷を聞き、血気立つ丈太郎。2人の間には様々なストーリーが絡み合い、そして…。

戦争機を乗り越えてきた中年親父の青春物語を観客の皆様にも笑いあり涙ありで楽しんでいただけたらと思います。

まだ、秘密ですけど…

今年度の総文祭(大会)で取り組む台本が、8割形決定です。

夏休みの期間中、いろいろな台本を読み込んで、候補を絞り込んできました。

演劇部全体で最終検討会を開き、最終決定します。

生徒たちの意見もこの台本に傾きつつあります。

何をやるかって?。

まだ言えません。

パンフレットや、演劇専門部のHPなど公になるまでは、言えません。

ちょっとだけヒントを。

これまでよく取り組んだ、平和に関するもの、感動的なストーリー、などとは違います。

う~ん、一言で言えば『人情喜劇』。

ここまでしか言えません。

これまでにないパターンで、取り組み甲斐がありますね。


 ついでにこちらものぞいていってください。見たことある人が登場してるという噂が(あくまでも噂ですよ)

感想~講習会に参加して②~

・午前中に行なわれた照明や音響の実技講習は日頃体験できないことなので大変参考になりました。また、公会堂のスタッフの方がされた劇はシンプルかつわかりやすく、自分たちの劇作りの参考になりました。今まで考えたこともないようなことを、今回の講習会で考え、意識が高まりました。ありがとうございました。

・他校の生徒が大会当日の朝にやっている「だるまさんが転んだ」、これがこんなにも効果的な練習だったとは!!

感想~講習会に参加して~

・大道具の使い方や作り方、大道具として使う木材の種類などを知ることができ大変為になりました。また、午後のワークショップでは、役者としての体作り、想像力を駆使したトレーニング、呼吸を操り間を作ることなど普段とは違ったことにもチャレンジでき、今後の練習の参考になりました。

・自分たちの練習とは違う練習を体験することができ、刺激的であった。これから大会に向けみんなの心を一つにし、正々堂々他校と競い合いたいと思う。中身の濃い一日となった。

・他校の練習を実際にやる機会があり、これからの自分たちの練習にも参考になる部分がたくさんあった。他校の手本を見たときは息が揃っていて驚いた。

・照明についてすごく参考になった。色の無いものを上手く組み合わせてピンクやオレンジを作っていくことは初めて知ったし、驚いた。
 公会堂のスタッフの方々、各校の顧問の先生方、僕たちの為にわざわざ時間を割いていただきありがとうございました。

平成21年度演劇専門部夏期講習会

 昨日、長崎市公会堂で行われた演劇専門部夏期講習会に参加をしてきました。県南・県央・県北各地区から多くの生徒・教員が参加をし大変盛り上がりました。
 午前は公会堂の方々による講座(舞台の専門用語、舞台装置作り、照明効果、音響効果)、午後は長崎日大の顧問である塚原先生によるワークショップ(~想像力を刺激する~)が行われ、生徒にとっては大変刺激になったようです。今日の練習で、昨日学んだ練習方法を早速取り入れてくれればいいなぁと思っています。
 地区大会まですでに100日を切っています。今回の講習会で学んだことを自分たちの練習に組み込みながら、大会に向けて頑張っていきたいと思います。今後とも瓊浦高等学校演劇部をよろしくお願いいたします。
DSCF2248.jpg      DSCF2253.jpg DSCF2262.jpg
DSCF2266.jpg DSCF2271.jpg DSCF2272.jpg
DSCF2279.jpg DSCF2282.jpg DSCF2308.jpg
DSCF2315.jpg DSCF2320.jpg DSCF2326.jpg
DSCF2329.jpg DSCF2345.jpg DSCF2352.jpg
DSCF2363.jpg DSCF2367.jpg







みえ総文結果

みえ総文の結果をお知らせします。

最優秀賞

 北海道ブロック代表
 北海道帯広柏葉高等学校
 『これからごはん』
 帯広柏葉高等学校演劇部 作(創作)

優秀賞(上演順)

 南関東ブロック代表 
 千葉県立松戸馬橋高等学校
 『赤鬼』
 野田秀樹 作 土田峰人 構成(既成)

 南関東ブロック代表 
 神奈川県立大船高等学校
 『アニータ・ローベルのじゃがいもかあさん』
 アニータ・ローベル 原作 今江祥智 訳 土田峰人 作
 のまさとる 潤色・音楽(既成)

 東北ブロック代表 
 青森県立青森中央高等学校
 『ともことサマーキャンプ』
 畑澤聖悟 作(既成)

以上の4校が8月29日(土)、30日(日)に東京国立劇場で行われる優秀校東京公演に出場する権利を得ました。詳細は後日お知らせします。この東京公演の上演は8月31日(月)のNHK衛星第2(BS2)午後0時15分~6時(予定)「青春舞台 2009」にて放映されます。選挙の影響で放映中止も心配されますが、時間変更はあっても確実に放送されるそうです。この放送が消滅の危機です。本番を見て、メールやファックスなどで反響をNHKに寄せましょう。その他の賞は

創作脚本賞
北海道ブロック代表
北海道帯広柏葉高等学校
「これからごはん」

舞台美術賞
北関東ブロック代表 
作新学院高等学校
「ピカチート!」
大垣ヤスシとゆかいな仲間たち 作(創作)

審査員特別賞
作新学院「ピカチート!」

でした。

長崎商業新人公演について

長崎商業高等学校の新人公演についてお知らせします。

タイトル:「商品出納室の人々」

日程:平成21年6月27日(土)

開場:13時30分

開演:14時00分

場所:長崎市立長崎商業高等学校体育館

新しく8人が加わり、15人で作り上げました。

たくさんの人に見に来ていただきたいので、

お時間がありましたら是非いらしてください。

ダンスレッスン開始

本校演劇部毎年恒例のダンスレッスンを本格的に開始しました。

いつもお世話になっている西先生においでいただき、基本的な動きから、振り付けまで、熱の入った指導です。

IMG_7795.jpg IMG_7786.jpg 

IMG_7782.jpg IMG_7781.jpg  

年齢を感じさせない(怒られそうですが…)パワフルな動きで、生徒たちもついて行くのがやっと。

リズム感が足りないのか、音感が不足しているのか、動きがぎこちなくロボットのようです。

まだ始まったばかりですので今後に期待です。

本校オープンスクール、伊良林校区祭り等での披露に向けて、頑張ってます。


西由美子

5歳の頃より、バレエを鳳洋子氏、段恵子氏に師事。福岡教育大学特別体育科ダンス専攻。ダンス部創立。帰崎後、内川龍一氏代表のRED WINDSORと共に、多数のイベントに出演。現在、モダンジャズの美歌三智也氏に師事。PRIDE ROCKとして、ソウル・ヒップホップ等を取り入れたジャズやモダンジャズなど幅広い振付や舞台をこなす。

趣味は空手、書道、英会話。特技はいつでもどこでも寝れることらしいです。

撮影ラッシュと思ったら大事件

昨日は撮影ラッシュ。

「私学のチカラ」の撮影が入り(放送日等詳細は後日)、その後、卒業アルバム用のクラブ写真撮影。

昨年度まではいつも練習場での撮影でしたが、詫間先生のアイデアで、ホームグラウンドの長崎市公会堂での撮影になりました。

外で撮影する予定でしたが、交渉の結果、舞台で撮影OK。

スタッフの方に感謝です。

いつもよくしていただいています。

会館こそ古いですが、スタッフの技術力および付属設備(音響・照明等)は長崎県一というより九州でもいいところに入るのではないでしょうか。

無事撮影終了

この結果をupしようと思ってサーバーにアクセスしたら、サーバーの障害で、利用不可能。

明日からの高総体速報も同じサーバーを使っているので、担当の私としては、冷や汗ものでしたが、何とか先ほど復旧完了。

高総体期間中は、本校の生徒たちは、新聞やこの速報を頼りに、応援計画を立てますので、また障害が起こらないことを祈るのみです。


【追記 2009/06/05 13:21】

 

演劇部ホームページおよび学校ブログ(高総体速報を行います)の障害は復旧した模様です。

ただ、現在アクセス集中のためつながりにくくなっています。

サーバー会社に変わってお詫び申し上げます(苦笑)。

新入部員募集中です

久しぶりの更新です。

卒業式以来、更新が止まっておりました(反省)。

今年度は今のところ(?)1年生3名、2年生5名、3年生3名の計11名で活動をしています。

現在新入部員を募集中です。興味のある人は練習会場まで気軽にお越しください。

今、発声練習やトレーニングを中心とした基礎練習と、7月の伊良林校区祭りの出演に向けたダンス練習を始めています。他校のように自主公演等を行うようなレベルではありませんが、演劇を上演することだけが演劇部ではありません。

表現する

今年度はこれをテーマにして取り組んでいきたいと思います。

今後の予定

7月              伊良林校区祭り
7月31日~8月2日    全国総文(三重)
8月5日(水)        夏季演劇講習会(舞台技術講習会)(予定)
10月1日~10月4日   全国総文プレ大会(宮崎)
10月10日11日      中地区大会
10月17日18日(訂正です)
10月24日25日      長崎地区大会
10月24日         県北地区大会
11月7日          県大会(佐世保)
12月19日20日      九州大会(佐賀基山)

明後日は卒業式☆

明日卒業式予行練習、そして明後日が卒業式本番です。三年生四人は明日瓊浦高校を卒業します。良い卒業式となるよう、1・2年の部員が何やらいろいろと企画をしているようです!!三年生が気持ちよく卒業できるよう、部員一同頑張りますm(_ _)m

Appendix

お願い

管理人@瓊浦演劇

瓊浦高等学校演劇部公式ブログで使用している写真、イラスト、文章の著作権は、すべて、瓊浦高等学校演劇部に帰属します。転載・引用等、二次利用の際は下のメールフォームより管理人までお問い合わせください。

QRコード

QRコード

メール

演劇部へのお問い合わせはこちらからお願いします。なお、メールアドレスは正確にご記入ください。返信ができなくなります。

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索