Entries

ぼくたちの南十字星(第1幕)

 長らくお待たせいたしました。


今年度の上演作品「ぼくたちの南十字星」の画像の手配・整理ができましたので、これから少しずつ紹介していきます。


なお、瓊浦高等学校演劇部公式ブログで使用している写真、イラスト、文章の著作権は、すべて、瓊浦高等学校演劇部に帰属します。転載・引用等、二次利用の際はメールフォームより管理人までお問い合わせください。


 




 


飛行機の中1


東京よりネポルシア(架空国)に向かうジェット機内。
舞台下手(飛行機の窓側)より、シスター、オサム少年、千田老人。
「僕はオサム。十一歳。お父さんがネポルシアに単身赴任してて、夏休みだから遊びに行くの。南十字星見に来ないかっていうから…。」
「南十字星もいいけど、ほんとは僕、もっと見たいものがあるんだ。ネポルシアンクロアゲハ、でっかい蝶々だよ、羽を広げると…。」
「ありゃ確かにきれいな蝶だ。」
「あれ?、おじいさん見たことあるの?」
「…何十年も前の話だけどな…。」
それを横目で見て、シスターが席を替わってくれる…。


 




 


飛行機の中2


「あっ、島が見える。沖縄だねきっと。」


 




 


飛行機の中3


「後で話をしてわかったことですが、おじいちゃんの名前は千田で、シスターの方はフローラ。これは日本語で花という意味だと教えてくれました。二人ともとてもいい人だったし、初めての海外旅行に興奮した僕は一人ではしゃいでいました。」


第1幕終了


 




 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://keihodrama.blog89.fc2.com/tb.php/3-91e94ce3

0件のトラックバック

1件のコメント

[C5] 飛行機だ♪

どうも!
飛行機のシーンは何回もやり直しさせられました。最初のシーンはお客さんの目を惹くために工夫を入れなきゃいけません。
お客さんが劇を見入ってくれるか、それは初めのシーンで決まる(らしい)です。

飛行機に初めて乗った子どもは、見るもの全てに興味が向きます。
そこを表現するのが難しかったです。
自分の小学生時代を思い返してみたり、弟を観察したりと色々試してみました(;^_^A


子どもっぽさを出すのって、簡単なようですごく難しいものなんだと苦戦してました。
  • 2007-02-28
  • オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お願い

管理人@瓊浦演劇

瓊浦高等学校演劇部公式ブログで使用している写真、イラスト、文章の著作権は、すべて、瓊浦高等学校演劇部に帰属します。転載・引用等、二次利用の際は下のメールフォームより管理人までお問い合わせください。

QRコード

QRコード

メール

演劇部へのお問い合わせはこちらからお願いします。なお、メールアドレスは正確にご記入ください。返信ができなくなります。

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索